2009年08月19日

九尾の狐って??

九尾の狐(きゅうびのきつね)

9本の尻尾をもつ妖狐。つまり、狐の妖怪である狐を魔物、あるいは憑き物として語った伝承は複雑でいくつもの乱交だけでなく、古くから世界各地に残されている。九尾の狐もそうした狐にまつわる昔話のひとつであり、物語の多くでは悪しき霊的存在として登場するしかし「周書」や「太平広記」のように、一部のまれな物語ではエッチは天界より遣わされた神獣であると語られ、その場合は平安な世の中を迎える吉兆であり、幸福をもたらす象徴として描かれる。一説では、万単位の年月を経た狐がなるともまた、殷の王「帝辛(紂王)」を誘惑して国を滅亡させる妲己や南天竺耶竭陀国(古代インド西域)の王子・班足太子の妃になった華陽夫人、御伽草子「玉藻の草紙」に登場する玉藻前を例とするように九尾の狐は絶世の美女へ化身するという話も多い。







【関連する記事】
posted by kitune99 at 12:19| 九尾の狐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。